東洋コミュニティサービス株式会社

文字サイズ
小 中 大

トップページ > 室内リフォーム > 部位別リフォーム > スケルトンリフォーム

部位別リフォーム

スケルトンリフォーム

自由なレイアウト

もっと自由なレイアウトを実現します。
更に二重床構造導入により、居室・水廻り配置の自由設計も可能に。

独創のキッチン配置と空間構成。既存の間取りレイアウトに束縛されない、自由なライフスタイルを可能にするスケルトン・リフォーム。 更にスケルトンリフォームでは構造体のみを残して全てを解体し、内装や設備機器を一新して想い描いた理想の住まいを実現致します。
室内の床面を持ち上げる、「二重床構造導入」により、床面下のスペースに各種配管をレイアウトでき、水廻りなど思い切った配置変更が可能になります。

二重床構造図

例えば・・・

この住居は4LDKのファミリー向けのプランでしたが、ご夫婦二人の場合やシングルユースの場合、生活動線途切れたり、無駄なスペースが生まれてしまい、生活スタイルに馴染みません。そこで主寝室のみを居室として確保し、通路兼用のウォークインクローゼットや壁面収納、書斎コーナーに最適な空間や目の前に拡がる琵琶湖への視野も考慮したキッチン配置など、細やかな工夫を企画力でリフォームを手がけています。

一般的配置のファミリー向け住戸から2人暮らしやシングルの方向けにリフォーム

水廻り

水廻りもお好きな位置に。
スケルトンリフォームで実現。

床面を持ち上げるスケルトンリフォームならではの、水廻りの位置変更。同時に古くなった給・配水管のリフレッシュも実施できますので、一石二鳥。新しくした浴槽の向きや設置位置を変えたり、洗面台の場所も変更できます。
※パイプスペースの位置や管理規約などにより、変更に制限がある場合もあります。詳しくはお問合せください。

「洗面室を中心に水廻りを集中」「浴槽向き変更 浴室も広く」「便座位置は同じ トイレ内は広く」「キッチンからの動線も確保」
水廻りが離れた配置から洗面室を中心にゆったりとした配置と広さに変更

バリアフリー

持ち上げた床にしっかり「遮音」&「バリアフリー」化

持ち上げた床面の下地に遮音対策を施し、この段階でL-45の遮音性能を確保。だから、音が気になるタイル床や石貼り床などの床仕上げ材も思いどおりに選択可能。また、床面を持ち上げた分、室内空間のバリアフリー化が同時に実現できるのです。

バリアフリー化イメージ図
室内リフォーム