東洋コミュニティサービス株式会社

文字サイズ
小 中 大

トップページ > マンション管理 > 管理会社の役割

管理会社の役割

管理組合からの委託により、管理業務を代行するのが「管理会社」です。

管理業務には皆様の大切な資産を守る上で、「専門性」・「継続性」・「確実性」が必要

マンション管理の主体は管理組合であり、管理業務の執行機関は理事会ですが、役員の皆様は通常他に職業を有しておられることから、業務に専念するのは事実上困難です。
また、管理業務には皆様の大切な資産を守る上で、「専門性」・「継続性」・「確実性」が必要です。
そこで、管理組合から委託されて管理業務を代行するのが「管理会社」なのです。


管理組合って何ですか?

管理組合の組織図<一般例>

マンションの管理は、区分所有者の意思を反映しながら、組織的に、また継続性を持って行う必要があります。
このため「区分所有法」は『区分所有者は全員で、建物並びにその敷地及び付属施設の管理を行うための団体を構成する』と定めています。
これが管理組合のことで、組合員は区分所有者で構成されており、組合員の中から理事長・理事を選出します。
本来の管理業務は、この管理組合が実施するものですが、これを代行するのが管理会社であり、適切な業務の遂行が、皆様の快適な生活を応援するとともに、大切な資産をしっかりと維持しているのです。


マンション管理